やや少なめ

sizvideos:

Video

(via invoke)

"「ありがとう」と「ごめんなさい」と「スマイル」はゼロ円と思っている我々には理解しがたいのですが、どうやら彼らは、これらゼロ円の言葉は、特別な時だけに使う言葉だと思っているらしいのです。
特別とは、本当に嬉しかった時や心から感謝した時、完全なる敗北を認めた時、などです。"

- 独身女性におくる「結婚向きのいい男」5つの特徴 | @ninoya_blog (via otsune)

(via invoke)

"若者と老害ちょうど中間世代だが
年功序列って
若者が年長者を敬いつつ顔を立てる
そんな若者を年長者は可愛がりあらゆる方法で守ろうとする
これが本来の姿だろう

今の老害連中が嫌われるのは
年長者本来の義務を果たさず若者を見下し
一方的に自分らのうまみを要求してばかりだからだろうが
"

- 常識的に考えた : 【論説】 「日本の若者から、今の政治の貧困に抗議する声が上がらないのはなぜか!」…日本財団会長・笹川陽平 - ライブドアブログ (via kyohei28)

(via yellowblog)

"馬刺し屋さんに「手羽先」って書いてあったら普通にペガサスだと思うじゃん?????"

- Twitter / yuripop (via shingi)

(via yellowblog)

"39 :和み:2013/09/14(土) 19:32:46.41 ID:iMZZj2DV0
イグノーベル賞はニコニコ大百科がなぜか詳しいw
個人的にはこのへんが萌える
・スピーチ中に制限時間が近づくと、ぬいぐるみを抱いた幼女が舞台に上がって邪魔しに来るが、
 いろんな手段で彼女を買収して続けなくてはならない。
・スピーチが終わると、観客が一斉に紙飛行機を投げつけるのがお決まり。
  なお、この紙飛行機を掃除するのは、同大学の教授で、「光のコヒーレンスの量子理論への貢献」で
 2005年にノーベル物理学賞を受賞した世界的物理学者・ロイ・グラウバー博士。御年85歳。

ちなみにだけど、この掃除する博士は一度だけイグノーベル賞授賞式を欠席した。
理由がのノーベル賞受賞式のためwww

40 :なご:2013/09/14(土) 20:09:58.29 ID:VW0J0P53P
»39 
欠席理由www"

- あなたの心がなごむとき~第70章 (via eternityscape)

(via usaginobike)

torefurumigoyo4:

矢神久美

(Source: renmb)

"
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:22:42 ID:CyWpgPp70
脳は主語を理解できないから、他人を叩いてるときは自分も叩いてるように感じるらしい
当然、ストレスがたまる

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:23:19 ID:BydXTMge0
»38
これマジ?

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:25:10 ID:CyWpgPp70
»39
マジマジ
だから、逆に他人を褒めていけばいいよ
カーネギーの「人を動かす」とか読んでみるのもいい

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:26:44 ID:BydXTMge0
»43
今ぐぐってみたけどマジだったわ
これみると納得できる、自分でストレス貯めてんだな
"

- 【驚愕】2chで人を叩きまくった結果、自分がwwwwwwwwwww - わちゃちゃDX (via ohigara)

脳が理解できないってじゃあどこで考えてんの

(via pipco)

(via usaginobike)

"文章から「こと」と「という」と「思う」という言葉を減らすことが、序長な文章を端的にまとめるということを可能にすると思う。"

- ふぁぼったー / d_v_osorezan : 文章から「こと」と「という」と「思う」という言葉を減らすことが、序長な文章を端的にまとめるということを可能にすると思う。 (via ssbt)

(via usaginobike)

ivyarchive:

mymodernmet:

Illustrator Lili Chin's adorable series Dogs of the World illustrates 192 breeds of dogs grouped according to geographical origin.

More:

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

(via a2onaka)